おもてなし規格認証とは

印刷する

日本のサービス産業と地域の活性化のために

おもてなし規格認証制度の創設背景

サービス産業と地域経済を盛り上げるためにうまれました。

サービス産業は今や日本のGDPの約70%を占めるとともに、地域雇用を生み、地域に住む人々の暮らしを支える経済の柱です。地域経済、ひいては日本経済の発展には、このサービス産業の活性化と生産性の向上が不可欠です。

しかし、サービスは「その場・その人」が受ける一度きりの、それ自体は「目に見えない」ものです。このため事業者が高品質なサービス提供を行っても、それを付加価値として価格に転嫁しづらい現状にあります。日本全体のサービス産業の底上げをはかるためには、高品質なサービスに対して、それにふさわしい評価が受けられる制度的な枠組みが必要です。

そこで、こうした現状を改善し、サービス品質を「見える化」するための規格認証制度として「おもてなし規格認証」が誕生しました。これまでの日本政府の検討をふまえ、民間規格としての運用を通じて、本制度は日本のサービス産業と地域経済の活性化を推進していきます。

認証取得のメリット

サービス品質を見える化できます。

登録証・シールを店頭やホームページに掲出したり、名刺やパンフレットに印刷することで、サービス品質の高さをアピールできます。

補助金や融資などの支援を受けやすくなります。

銀行や公的金融機関からの融資を受けるにあたって、おもてなし規格認証を取得していることが有利になります。

広報・PR展開により、 集客増・売上増が期待できます。

グルメ情報サイトや旅行情報サイト上の表示や、観光協会などのパンフレットへの掲載にあたって、おもてなし規格認証を取得していることが有利になります。

詳細を知る

詳細は以下より、「サービスデザイン推進協議会」のサイトをご確認ください。

おもてなし規格認証に係る認定機関

一般社団法人 サービスデザイン推進協議会

〒104-0045 東京都中央区築地3丁目17番9号

サービスデザイン推進協議会Webサイト